釜鳴神事のお社
矢印 Home 矢印 ご由緒 矢印 年間祭儀・行事 矢印 千三百年奉祝大祭 矢印 祭典のご案内 矢印 氏子地域について矢印 アクセス

矢印 鎮座地
  〒108-0073
東京都港区三田
   3丁目7番16号

矢印 交通のご案内
  ◆JR田町駅
  三田口(西口)
    徒歩約8分
◆地下鉄三田駅
  (浅草線・三田線)
  A3出口徒歩約8分
◆地下鉄泉岳寺駅
  (浅草線)
  A3出口徒歩約5分

矢印 お問い合わせ
  電話3451-4687
※9時〜17時にお願
 い致します

ご祭神
 
 主祭神:誉田別尊(ほんだわけのみこと)
 相殿神:天児屋根命(あめのこやねのみこと)
     武内宿禰命(たけしうちすくねのみこと)


由緒


和銅2年(709)、牟佐志国牧岡(むさしのくにまきおか)というところに、
東国鎮護の神様として鎮祀され、延喜式内稗田神社と伝えられた。
その後、寛弘8年(1011)武蔵野国御田郷久保三田(みたごうくぼみた)の地に遷座され、嵯峨源氏渡辺一党の氏神として尊崇された。俗に「綱八幡」と称する。
江戸開幕のみぎり、僧快尊が元和5年(1619)現社地を卜して造営を開始し、寛永五年(1628)8月に遷座した。別当は八幡山宝蔵寺と称し天台宗に属する。
神仏分離により別当僧復職し神主職に就いた(石田弾正)。明治2年9月稗田神社と称号した。同7年1月に三田八幡神社と改称し、同30年4月三田の冠称を御田の旧名に復し御田八幡神社と称号するに至った。
昭和20年5月に、米軍による東京大空襲により、江戸時代のご社殿を焼失する。昭和29年に、本殿権現造、幣殿・拝殿・神楽殿・社務所を再建した。
平成21年は、神様をお祀り申し上げてより1300年の佳節を迎えた。


前社地(久保三田)にある碑
(三田1丁目の
  「東京さぬき倶楽部」内)

 
 
   

Copyright(C) 2009 Mitahachimanjinja All Rights Reserved.